2012.03.18

長谷部がスローインでダメ押し点の起点に…細貝は18戦連続フル出場

 ブンデスリーガ第26節が行われ、日本代表MF長谷部誠が所属するヴォルフスブルクはアウェーでニュルンベルクと対戦し、3-1で勝利を収めた。

 9分に先制点を許したヴォルフスブルクは、15分にマリオ・マンジュキッチのゴールで同点に追いつくと、24分にはパトリック・ヘルメスのゴールで逆転。さらに53分には、長谷部のスローインからマンジュキッチが頭で折り返し、ヘルメスがダメ押しゴールを決めた。

 長谷部は前節に続き、右サイドバックで2試合連続のフル出場。スローインで3点目の起点となり、チームの連勝に貢献している。

 日本代表MF細貝萌が所属するアウクスブルクは、ホームでマインツと対戦し2-1で勝利。細貝は18試合連続のフル出場を果たし、3試合ぶりの勝利に貢献した。U-23日本代表MF大津祐樹が所属するボルシアMGはアウェーでレヴァークーゼンに勝利。大津はベンチ外となっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
90pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
71pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
シャルケ
56pt
ドルトムント
54pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
72pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
84pt
ローマ
67pt
欧州順位をもっと見る