2012.03.18

香川がバースデー決勝弾で昨季を上回る9点目をマーク…クラブ新記録に貢献

 ブンデスリーガ第26節が行われ、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントはホームでブレーメンと対戦し、1-0で勝利を収めた。

 前節のアウクスブルク戦で日本代表MF細貝萌の激しいマークに遭い、仕事をさせてもらえなかった香川だが、23歳の誕生日となるこの日は序盤から輝きを見せる。8分、左サイドからヤクブ・ブラスチコフスキがクロスを挙げ、ファーサイドのイルカイ・ギュンドアンがダイレクトで中央へ折り返すと、飛び込んだ香川がヘディングシュートをゴールに突き刺す。自らの誕生日を祝った香川は、昨シーズンのリーグ戦でマークした8ゴールを上回り、今シーズン9点目とした。

 その後もキレのある動きを見せる香川は、24分にもペナルティーエリア手前からシュートを放つが、これはGKがかろうじて触り、ポストに弾かれる。後半に入っても決定機を迎えるが、追加点を奪うことはできなかった。

 それでも、ドルトムントはブレーメンの攻撃をシャットアウトし、試合終了。香川のバースデーゴールを守りきり、クラブ新記録となる20試合連続無敗を達成した。香川はフル出場を果たしている。

[写真]=千葉格

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る