2012.03.16

チャンピオンズリーグ出場権獲得へ…ジェラード「決してあきらめない」

 リヴァプールの主将スティーヴン・ジェラードは、チャンピオンズリーグ出場権を得られるトップ4への進出を諦めていない。残り10試合という状況で、現在4位のアーセナルとは10ポイントの差をつけられているが、“レッズ”の象徴は戦い続けることを誓った。
 
 ジェラードは13日、アンフィールドで行われたエヴァートンとのマージーサイドダービーで、ハットトリックを記録。3-0としチームを勝利へと導いた。リヴァプールのキャプテンは、チャンピオンズリーグ出場権獲得に関して、「険しい山登りであるのは事実」と言いつつも、次のように語った。イギリス『ガーディアン』 が伝えている。
 
「僕たちはできるだけ多くの試合に勝たなければならない。不可能になるまで、トップ4入りは決してあきらめないよ」
 
「僕らはゴールを決め続けない限り、6位か7位でフィニッシュしてしまうことになるだろう。それは僕たちが望んでいるものじゃない。(エヴァートン戦で)ハットトリックを決めたことは良かったけど、個人的な功績はどうでもいい。僕にとって大事なのは、リヴァプールが順位を上げることと、FA杯で勝ち進むことだよ」
 
 また、リヴァプールは18日にFA杯準決勝進出を賭け、ストークと対戦する。ジェラードは、先月勝ち取ったカーリング杯とともに、カップ戦制覇に意欲を示した。
 
「ストーク戦は、大きなゲームとなる。決勝戦のような気持ちで戦わないといけないね。僕らは、サポーターをカーリング杯に続いて、もう一度ウェンブリーに連れていきたい。もし再びウェンブリーに行くことができれば、それはファンタスティックなことだよ」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る