FOLLOW US

D・ルイスがV・ボアス解任に反論「時期尚早だった」

 チェルシーに所属するブラジル代表DFダビド・ルイスは、アンドレ・ビラス・ボアス前監督にもっと時間を与えるべきだったと主張している。イギリス紙『サン』が報じた。
 
 ルイスは、V・ボアスとは親しい関係を築き、仕事をともにすることを楽しんでいた。同監督を支持していたルイスは、オーナーのロマン・アブラモヴィッチ氏が解任という決断を下したことは時期尚早だったと語っている。
 
「とても悲しいよ。アンドレは素晴らしいプロフェッショナルだった。残念なことに、彼がチェルシーで本当の価値を示すには、時間があまりに短すぎた」
 
「彼にはチャンスがなかった。彼のようなプロフェッショナルに疑いを持つことはできない。昨シーズン4つのタイトルを掲げ、みんなから祝福された人物だ。でも、彼はチェルシーで十分な時間を得られなかった」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA