2012.03.15

チームの一体感を強調するベンゼマ「全員が重要な存在」

 チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグが14日に行われ、レアル・マドリードはCSKAモスクワと対戦し、4-1で勝利。2戦合計5-2でベスト8進出を決めた。

 途中出場した直後に得点を決めたフランス代表FWカリム・ベンゼマは、チームの勝利に満足するとともに、自分たちが何をするべきか理解していたと語った。クラブの公式HPが伝えている。

「僕らは今日何をすべきか分かっていたよ。チームは勝つために戦っていたし、良いチームに対して素晴らしい試合をした。得点できたこともベスト8に進めたこともうれしいね。(ベスト8の抽選について)どこが相手でも構わないよ。どこも良いチームだからね」

 また、1トップのポジションを争うアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインについては「僕らは一つのチームなんだよ。全員が重要な存在だ。今日のイグアインの先制点は誰もが喜んでいる。イグアインも僕も特別な存在なんかではない。全員が一緒だ。チャンピオンズを勝ち取るには一体にならなければならないよ」とコメントしている。

 なお、準々決勝と準決勝の組み合わせ抽選会は、16日にスイス・ニヨンのUEFA(ヨーロッパ・サッカー連盟)本部で行われる。

[写真]=ムツ カワモリ

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る