FOLLOW US

チェルシーが延長の末、ナポリを逆転で撃破…プレミア勢唯一のCLベスト8

 チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグが14日に行われ、チェルシーとナポリが対戦した。

 アウェーでのファーストレグを1-3で落としていたチェルシーは、28分に左サイドのラミレスが上げたクロスにディディエ・ドログバがダイビングヘッドで飛び込み、先制点を奪う。

 先手を奪ったチェルシーは、後半直後の47分にもジョン・テリーの得点でリードを広げるが、55分にナポリのギョクハン・インレルにアウェーゴールを奪われてしまう。しかし、75分にフランク・ランパードがPKを沈め、再び点差を2点に広げた。

 その後試合は、3-1のまま90分を終えるが、2戦合計スコアは4-4の同点となり、延長戦に突入。前半終了間際の105分にドログバのクロスを受けたブラニスラフ・イヴァノビッチがゴールに蹴り込み、チェルシーが勝ち越し点を奪取した。

 試合はイヴァノビッチの得点が決勝点となり、チェルシーが2戦合計5-4で競り勝ち、準々決勝に進出。プレミアリーグ勢から唯一ベスト8に生き残った。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO