2012.03.14

アザールがユナイテッド移籍を示唆「誰もが興奮させられるクラブ」

 リールに所属するベルギー代表MFエデン・アザールが、マンチェスター・Uへの移籍を示唆するようなコメントを残した。ただし、今はリールでのプレーに集中しているとも口にした。
 
 今シーズン終了後、リールから出ていくことを公言しているアザールは、リール紙『La Voix du Nord』の取材の中で、「ユナイテッドは誰もが興奮させられるクラブだね」と言及。さらにアレックス・ファーガソン監督が、10日に行われたリヨン戦を観戦したことに対しては、「世界最高の監督の1人が、僕を見に来てくれた。すごく嬉しいし、光栄なことだね」と喜びを表現した。
 
 アザールを視察したファーガソンは、シーズン終了後中盤の強化を望んでいるようで、21歳の司令塔に熱視線を送っている。また、トッテナムのハリー・レドナップ監督も、ベルギーの至宝をチームに呼び込もうとしている模様。今シーズン終了後に2クラブを含め、ヨーロッパで“アザール争奪戦”がぼっ発する可能性が高くなっている。
 
 アザールは今シーズン、リーグ戦27試合に出場し、11ゴール9アシストを記録。21歳ながらリール攻撃陣をけん引する活躍を見せている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
33pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
38pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る