2012.03.14

長友を伊紙が酷評「リーグ戦に続きインテルのウィークポイント」

 インテルは13日、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグでマルセイユと対戦し、2-1で勝利した。しかし、ファーストレグで0-1と敗れていたインテルは、トータルスコア2-2とし、アウェーゴールの差で敗れ去っている。

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は採点を発表。フル出場したインテルの長友佑都については、「5」という評価を下した。

 短評では、「キエーヴォ戦でのチームのウィークポイントだったが、その試合以上にうまくいっていなかった。カウンターからではあったものの、アスピリクエタと(モルガン)アマルフィターノの重なり合う攻撃に酷く苦しんだ。後半は良くなったが、わずかなものだった」とコメント。酷評されたセリエAでの前節 よりも、パフォーマンスは低かったとの見解を示した。

[写真]=Getty Images

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る