2012.03.12

絶妙クロスで18試合ぶりアシストの内田「上と離されたくないんで」

 ブンデスリーガ第25節が行われ、日本代表DF内田篤人が所属するシャルケはホームでハンブルガーSVと対戦し、3-1で勝利を収めた。

 リーグ戦3試合ぶりの先発となった内田は、5分に正確なクロスを供給し、テーム・プッキの得点をアシスト。昨年9月24日に行われた第7節フライブルク戦(4-2○)以来、18試合ぶりの今シーズン2アシスト目をマークし、フル出場を果たした。この勝利で、4位シャルケは3位ボルシアMGとの勝ち点差を1に縮めている。

 以下、試合後の内田のコメント。

―今日の試合はどうでしたか?
「勝ってよかったんじゃないですか。ホームだし。(ヨーロッパリーグから)中2日だったので、さすがにみんなちょっと体が重そうでしたけど」

―最初のアシストのシーンはどういうイメージだったのですか?
「ディフェンスがニアにいたんで、それを越えればと思ってました」

―(クラース・ヤン)フンテラール以外の選手も点を取りに行く意識が高いですか?
「いや、フォワードはみんな点を取りたがってるから。点を取りたい意欲が日本人とはちょっと違うね。クロスとかでも最後ラウール(ゴンザレス)に合わせて、ラウールはシュートまで行ったけど、フンテラールが『俺をずっと見てろって』言うから。さすがフォワード」

―後半にラウールにニアで合わせたシーンがありましたが、あのときはどのくらい周りの状況を把握できていましたか?

「フンテラールは全然見てなかった。奥かマイナスしか見てなかった。(フンテラールは)ニアでつぶれてるだろうなと思ったから。一番奥のテーム・プッキを見ていました。たぶんファーサイドにいたんだけど。そこに合わせようかなと思ったけど、多分ラウールが引くかなと思って。彼はいつもあそこで止まるから」

―ちゃんと結果を残すと(フーブ・ステフェンス)監督も次に変えにくくなりますよね。
「いや、僕が入ってもうね、(チームの調子が)尻上がりですから」

―(ヨーロッパリーグから)中2日で試合に挑んで、個人的にきつかったですか?
「いや、俺は別にそんなに。コンディション戻って来たから」

―今日は相手のほうも調子が悪かったのでは?

「相手っていうより、俺らがけっこうきつかったと思うんですよね。特に前半は。アップの時もちょっとどんよりした感じがあったし、らしくないなって監督も言っていたから。(そんな中で先制点が取れたのは)でかかった。2点目を取れたこともでかかった」

―監督からはどんな指示を受けていましたか?
「もっと走れ。マークにつく。基本的なことですね」

―前半、ツートップが前に残っていて、距離が遠かったようですが。
「まあ、カウンターの起点にはなっていたんで。もう少し点取れるチャンスはありましたけど、いいじゃないんですか。勝ち点3だし。上とも離れたくないんでね」

[写真]=千葉格

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
64pt
マンチェスター・C
48pt
レスター
45pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
35pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
レアル・マドリード
43pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
47pt
ラツィオ
45pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング