2012.03.11

ゴールラインテクノロジーの導入を主張するFA…早ければ来季にも

 FA(イングランドサッカー協会)は、ゴールラインテクノロジーの導入に関して改めて強く希望していることを強調した。『スカイスポーツ』が報じている。
 
 ゴールラインテクノロジーとは、ボールがゴールラインを割ったかどうかを判定する技術のことを指す。10日に行われたQPR(クイーンズ・パーク・レンジャース)対ボルトンの試合で事件は起こった。QPRのクリント・ヒルのシュートはゴールラインを超えていたにもかかわらず、ボルトンのGKアダム・ボグダンがかき出したため、ノーゴールの判定となったのだ。
 
 FAは「先週行われた国際サッカー評議会(IFAB)の会議で、我々はなるべく早くゴールラインテクノロジーが導入されることを強く願っていると強調した」と発言。次のように続けた。
 
「我々はゴールラインテクノロジー導入派を何年もの間引っ張ってきた」
 
「我々は、来シーズン、プレミアリーグのみでゴールラインテクノロジーのテストを行うことを訴え続けている。この技術の導入を望む誰もが、最も早くチャンスを得られればと考えている」
 
 FIFA(国際サッカー連盟)は、これまでゴールラインテクノロジーに関して反対の姿勢をとり続けてきた。しかし、2010年の南アフリカワールドカップで、イングランド代表MFフランク・ランパードのシュートがゴールラインを割ったにもかかわらず、得点として認められなかったという事件が発生。この一件を受け、FIFAのゼップ・プラッター会長は2014年のブラジルワールドカップでゴールラインテクノロジーを導入することをほのめかしている。
 
 IAFBは、原則としてゴールラインテクノロジーの導入を認めている。プレミアリーグは、ゴールラインテクノロジーを来シーズン適用できるかどうか調査を行っている段階だ。しかし、導入の決定が下されるのはリーグ開幕が6週間後に控えた7月。もし、時間が足りず導入が不可能ならば、最初のゴールラインテクノロジーの導入は、12月に日本で行われるクラブワールドカップになると見られている。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
46pt
レスター
38pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
31pt
ライプツィヒ
30pt
ドルトムント
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
31pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング