2012.03.11

C・ロナウド、レアルを除く1部所属全チームからゴール奪取を達成

 リーガ・エスパニョーラ第27節が10日に行われ、首位のレアル・マドリードは、アウェーでベティスに3-2と競り勝った。

 2ゴールの活躍を見せたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、今シーズンに昇格したベティス相手にゴールを奪ったことで、レアル・マドリード以外の1部リーグを構成する19チームから得点する記録を達成した。

 C・ロナウドがこれまでに最もゴールを奪った相手はマラガで、通算10得点。続いて、ヘタフェとセビージャに対して、8ゴール挙げ、現在リーグ戦で2位のバルセロナ相手には、通算で5得点している。

 また、ベティス戦での2ゴールにより、今シーズンのリーグ戦では32点目を記録。得点王争いでもトップを快走し、リーグ通算でも89試合出場で98ゴールとなった。

[写真]=Getty Images

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
13pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る