2012.03.11

連勝をナポリ戦に繋げたいディ・マッテオ「自信と信念を取り戻せた」

 アンドレ・ビラス・ボアス更迭後、チェルシーの暫定監督を務めるロベルト・ディ・マッテオは、ストーク戦の勝利を機に前進していきたいと語った。『スカイスポーツ』が報じている。
  
 チェルシーは10日にスタンフォード・ブリッジでストークを迎え撃った。試合は、前半25分に相手FWのリカルド・フラーが、チェルシーのDFブラニスラフ・イヴァノヴィッチを踏みつけ一発退場。早い時間からチェルシーが数的優位に立ち、68分にフアン・マタのスルーパスに反応したディディエ・ドログバが、リーグ通算100ゴールを決め、チェルシーを勝利に導いた。
 
 試合後、ディ・マッテオはストークに苦戦したことを認めつつ、14日に行われるチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグのナポリ戦に気持ちを切り替えていると語った。
 
「ストークと対戦するとき、彼らの壁を破ることはとても難しいことなんだ。彼らはよく守り、多くの人数を守備に割くからね。フラーが退場しても、ストークは大きく変更する必要はなかった。とても深い位置で守備をするということに何ら変わりはなかった」
 
「選手達とは個人的に話をした。我々が前に進まなければならないこと、目標を達成する必要があることを理解してもらうためだ。このことは、個人的に最も大事な要素だったよ」
 
「とにかく、勝ち点3を得ることができた。時にこういう勝ち方も必要だ。常に上手くいくとは限らない。シーズンにおいて、あまり良い内容でなくとも勝たなければならない時がある」
 
「我々はここ2試合で3ゴールを得たし、失点もしていない。いくらかの自信と信念を取り戻せたと信じているよ。私は前を向いているし、次のナポリ戦に向けて勝つための計画を練っているところだ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
13pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る