2012.03.11

ボルトン宮市、決勝点をアシストしMOMに「ヴィジョンを示した」

 ボルトンに所属する日本代表FWの宮市亮は10日、プレミアリーグ第28節のQPR(クイーンズ・パーク・レンジャーズ)戦に先発出場し、決勝点をアシストした。

 右サイドハーフとして先発した宮市は序盤、対面したアルマン・トラオレのマークに苦しみ、持ち味を出すことができなかった。しかし、1-1の局面で迎えた86分、中央へカットインした宮市はイヴァン・クラスニッチにスルーパスを通し、決勝点をアシスト。6試合ぶりの白星獲得に大きく貢献した。

『スカイスポーツ』は試合の採点を発表。宮市は「8」(最高10点、最低0点)という高い評価を受け、マン・オブ・ザ・マッチに選出された。短評では、「右サイドで活発に動き回った。クラスニッチのお膳立てをすることで、勝利への素晴らしいヴィジョンを示した」と称賛されている。

[写真]=Getty Images

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る