2012.03.10

3戦連続フル出場の宮市が決勝点をアシスト…ボルトン6戦ぶりの勝利に貢献

 プレミアリーグ第28節が10日に行われ、日本代表FW宮市亮が所属するボルトンはホームでQPR(クイーンズ・パーク・レンジャーズ)と対戦し、2-1で勝利を収めた。

 4連敗中のボルトンは、37分にダレン・プラトリーのゴールで先制点を挙げるものの、後半開始直後の48分、ジブリル・シセに同点ゴールを許す。それでもボルトンは86分、前線でボールを収めた宮市が途中出場のイヴァン・クラスニッチに絶妙なスルーパス。これをクラスニッチが決めて、勝ち越しに成功した。

 いつもの左サイドではなく、右サイドハーフでスタメン出場した宮市は、正確なCKや積極的なドリブル突破などを見せて奮闘し、決勝点をアシスト。3試合連続のフル出場を果たし、チームの6試合ぶりの勝利に大きく貢献している。

[写真]=Getty Images

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る