2012.03.10

連勝を続けるレアル、残留確定まであとひと踏ん張りのベティスに挑む

 今週もミッドウィークに試合がなく、水曜日からの練習再開となったレアル・マドリード。木曜の練習後には本拠地サンチャゴ・ベルナベウで、フロレンティーノ・ペレス会長の65歳の誕生日祝いを兼ねた懇親ランチ、金曜にもクラブ創立110周年の記念イベントに選手たちが出席と、チームは余裕を見せている。しかし、それも当然かもしれない。レアル・マドリードはシーズン前半戦のクラシコ以来、リーガでは全勝。2位バルセロナとの勝ち点差10も、縮まる気 配がない。今節は比較的少ない得点数で終わるアウェーゲームだが、相手は12位ベティス。来週水曜に迫ったチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグ、ファーストレグを1-1と引き分けたCSKAモスクワ戦に視線が向いていても仕方ないかもしれない。

 よって今節のベティス戦は、チャンピオンズリーグを見越した選手起用となる可能性がある。何より注目されているのは、モスクワでの試合で太ももを痛めたFWカリム・ベンゼマが、足慣らしを兼ねて復帰するかどうかだ。だた、当人はすでに全快通知を貰い、今週後半には全体練習にも参加予定だが、9試合ゴール日照りの続いていたゴンサロ・イグアインがエスパニョール戦で2得点と復活。ジョゼ・モウリーニョ監督も、ここはもう1試合、イグアインに任せたいと考えているかもしれない。

 その他では、まだMFアンヘル・ディ・マリアとDFファビオ・コエントロンはリハビリ中で、この試合には戻って来られず、守備陣ではDFリカルド・カルヴァーリョが累積警告で出場停止。入れ替わりに、警告処分を済ませたDFペペがスタメンに復帰してくる。

 一方、2年ぶりにホーム、ベニート・ビジャマリンにレアル・マドリードを迎えるベティスでは、連日チケット窓口に長蛇の列ができるほど、ファンの間で期待は高まっている。だが、今節のチームは少々、守備的に厳しい状況だ。というのも、先週のレバンテ戦で、この1月の移籍市場でサンテティエンヌからレンタル移籍で獲得して以来、ずっとレギュラーDFを務めていたパウロンがふくらはぎを負傷。DFマリオは手術を控えており、2カ月の離脱から先週戻ったDFア ントニオ・アマジャもまだ本調子ではないため、場合によっては、今シーズンほとんどプレーしていないウスタリツが先発するかもしれないからだ。

 とはいえ、昨年10試合白星がなかった時期から比べると、チームはある程度安定感を取り戻し、現在は降格圏と勝ち点差6をつけての12位。あと3勝もすれば、目標の1部残留も見えてくるため、ペペ・メル監督としてはとにかく、勝ち点1でも確保するという姿勢で臨みたいところだろう。

【予想スタメン】
・ベティス[4-3-3]
GK:25.ファブリシオ
DF:22.ネルソン、15.ウスタリツ(12.パウロン)、5.ホセ・ドラド、23.ナチョ
MF:10.ベニャ・エチェバリア、14.サルバ・セビージャ、18.イリネイ、20.ジェフェルソン・モンテーロ
FW:24.ルベン・カストロ、19.ホルヘ・モリーナ

・レアル・マドリード[4-2-3-1]
GK:1.イケル・カシージャス
DF:17.アルバロ・アルベロア、 4.セルヒオ・ラモス、3.ペペ、12.マルセロ
MF:10.メスート・エジル、14.シャビ・アロンソ、8.カカ、6.サミ・ケディラ、7.クリスティアーノ・ロナウド
FW:20.ゴンサロ・イグアイン

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
13pt
ブレーメン
11pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る