2012.03.09

内田フル出場のシャルケ、疑惑の判定に泣かされ第1戦を落とす/EL決勝T2回戦

 ヨーロッパリーグ決勝トーナメント2回戦ファーストレグが8日に行われ、日本代表DF内田篤人が所属するシャルケはアウェーでトゥウェンテと対戦し、0-1で敗れた。

 内田が2月19日のブンデスリーガ第22節ヴォルフスブルク戦でフル出場して以来、公式戦4試合ぶりとなるスタメン出場を果たした試合は、61分、縦パスに抜け出したルーク・デ・ヨングがペナルティーエリア内でジョエル・マティプに倒されたとして、トゥウェンテにPKが与えられる。マティプは接触しておらず、デ・ヨングは自ら倒れたようにも見えたが、マティプにはレッドカードが提示され、一発退場となった。

 このPKをデ・ヨングに決められ、1点のビハインドを背負ったシャルケは、数的不利を強いられ、その後も劣勢を強いられるが、何とかしのぎ試合終了。疑惑の判定に泣かされながらも、何とか最少失点で切り抜け、ホームでの第2戦に望みをかけることになった。

 後半ロスタイムに相手の決定的なシュートをクリアするなど、攻守に奮闘を見せた内田はフル出場を果たしている。

[写真]=VI-Images via Getty Images

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
52pt
マンチェスター・U
41pt
チェルシー
38pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
41pt
シャルケ
30pt
ドルトムント
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
42pt
アトレティコ・マドリード
36pt
バレンシア
34pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
42pt
ユヴェントス
41pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る