2012.03.08

バロテッリ、試合前日の夜遊びにより1週間分の給与1500万円の罰金

 マンチェスター・Cは、試合前日に夜遊びを行ったことが発覚したマリオ・バロテッリに対し、1週間分の給料(約1500万円)を罰金として科すことを伝えた。『ESPN』が報じている。
 
 21歳のバロテッリは2日、リヴァプールのストリップクラブから朝早くに出ていく姿を撮られており、クラブの規則に反した行為を行っていたことが明らかになっていた。翌日に行われたボルトン戦では、バロテッリはゴールを決めてチームの勝利に貢献。しかし、試合後ロベルト・マンチーニ監督は、同選手に対し罰金を科すことをほのめかしていた。
 
「私はマリオと話し、彼の1週間の給料分を罰金として科すことを決めた。これは当たり前のことだ。全ての選手は試合前に正しい振る舞いをしなければならない」
 
 マンチーニは、「バロテッリは罰を受け入れたか?」との問いに対し、「YES」と答えた。バロテッリ本人も、6日にクラブのルールを破ったことを認め、処分を受け入れたことを明かしている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る