2012.03.07

パリSG会長、リヴァプールのスアレスへの関心を認める

 パリSGのカタール人会長はリヴァプールのウルグアイ代表FWルイス・スアレスの獲得に興味を持っていることを明かした。

 イギリス紙『デイリー・メール』は、同会長が「我々がルイス・スアレスに関心を寄せているのは本当だ」とコメントしたと伝えた。

 スアレスはマンチェスター・Uのパトリス・エヴラへの人種差別問題でリーグ戦8試合の出場停止処分を受け、再戦した際には試合前の握手を拒否するなどプレー以外での行動が問題視され、イングランドでの風当たりは強くなっている。

 このことも獲得に乗り出す要因となっていると考えられるが、スアレスのリヴァプールとの契約は2016年までとなっているため、獲得交渉は難航するとみられている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る