2012.03.07

アーセナルのヴェンゲル、決勝T敗退に「敵地での敗北が痛かった」

 チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグが6日に行われ、アーセナルはミランと対戦し、3-0の快勝を収めた。しかし、アウェーで行われたファーストレグを0-4で落としていたため、2戦合計で3-4となり、敗退が決定。ベスト8進出は実現しなかった。
 
  試合後、アーセナルのアルセーヌ・ヴェンゲル監督は、チームの精神力を称えるとともに、0-4で敗れたアウェーの試合を悔やんでいる。クラブの公式HPが伝えた。
 
「我々は今夜良いプレーをした。だが、敗退してしまい失望しているよ。 我々には可能性があった。ただ、3日のリヴァプール戦が非常にタフだったために、体力的に厳しかった。 我々にはミッドフィールダーの選択肢がなかった。それは残念だったね。 我々は完璧なパフォーマンスと素晴らしい精神力を見せたよ」
 
「我々はチャンピオンズリーグで、数多くのアウェー戦をこなしてきた。レアル・マドリードやバルセロナを相手にしてきても0-4で敗れたことはなかった。それだけに本当に残念だよ。我々はあらゆる努力をした。選手たちは、このクラブでプレーしていることを誇りに思えるはずだ」
 
  チャンピオンズリーグ敗退となったアーセナルは、今シーズンのカップ戦を全て戦い終え、無冠。残すタイトルは、プレミアリーグだけとなった。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る