2012.03.06

アーセナル、奇跡の逆転勝利を目指すが故障者多発で選択肢なし

 アーセナルのアルセーヌ・ヴェンゲル監督は、6日に行われるチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦のミラン戦で「リスクを冒して戦う」と明言した。とはいえ、実際には故障者の問題により選択肢がないというのが実情のようだ。公式HPが伝えている。

 アーセナルはファーストレグで0-4と完敗し、逆転でのベスト8進出が絶望視されている。ヴェンゲルは奇跡の逆転勝利に向けて、「リスクを冒すことは可能だ」とコメント。ただ、「なぜなら基本的に選択肢がないからだ。私が望めば6人のストライカーたちを起用することもできる」とコメント。ミケル・アルテタやヨッシ・ベナユンらが負傷しているため、起用できる中盤の選手がアレクサンドレ・ソングとトマシュ・ロシツキーしかいないと明かした。

 なお、起用できる選手は、「マルアン・シャマフ、パク・チュヨン、ロビン・ファン・ペルシー、ジェルビーニョ、テオ・ウォルコット。そしてアレックス・チェンバレン」とのこと。攻めるしかないアーセナルは、本拠地での戦いでギャンブルに打って出るかもしれない。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る