2012.03.06

スコラーリ氏がV・ボアス解任劇を批判「後任は地獄を見るだろう」

 先日、アンドレ・ビラス・ボアスがチェルシーの監督を更迭されたことについて、元チェルシー監督のルイス・フェリペ・スコラーリ氏が言及した。『ESPN STAR.COM』が報じている。

 2008-2009シーズンからチェルシーの指揮を執り、ビラス・ボアスと同じく、シーズン中に解任を言い渡されていたスコラーリ氏は、ビラス・ボアスに同情するとともに、次に指揮を執る人物は厳しい立場に立たされることを示唆している。

「イングランドは、まだ2、3回しかリーグ制覇を勝ち取っていない(アルセーヌ)ヴェンゲルが数年間指揮を執っているアーセナルのようなクラブもあるが、チェルシーの文化はそれと大きく異なる。今回の解任劇はおかしなことだ。私はそれを経験しているので、おかしなことだとは思わないがね」

「ビラス・ボアスは少なくとも7、8人の選手を入れ替える必要があった。私のときでさえそうだったんだ。でもそれはできなかった」

「彼の後任になる人物は、誰であろうと地獄を見ることになるだろうね」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る