2012.03.06

岡崎らシュトゥットのトリオが“2012年ブンデス最高の攻撃陣”?

 2012年のブンデスリーガで最高の攻撃トリオを誇るクラブはどこか。マリオ・ゴメス、フランク・リベリー、アルイェン・ロッベンのバイエルンか。あるいは香川真司、ロベルト・レヴァンドフスキ、ヤクブ・ブラチコフスキのドルトムントか。その答えは、岡崎慎司が所属するシュトゥットガルトのトリオだと、ドイツ紙『ビルト』は報じている。

 2012年に入り、シュトゥットガルトは攻撃陣が好調。特に近5試合のリーグ戦では計17得点と爆発している。

 シュトゥットガルトの“トリオ”、岡崎、マルティン・ハルニク、ヴェダド・イビセヴィッチは好調そのもの。ハルニクは8得点2アシスト、岡崎は4得点2アシスト、イビセヴィッチは2得点4アシストと、得点に直結する働きでチームをけん引している。

 シュトゥットガルトは第24節を消化した時点で8位だが、ヨーロッパリーグ圏内の6位には4ポイント差、チャンピオンズリーグ圏内の4位には12ポイント差。巻き返しが可能な位置につけているだけに、攻撃陣が好調を維持することができれば、上位進出も見えてくる。

[写真]=Getty Images

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
51pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る