2012.03.05

レドナップ、去就問題の影響を否定「トッテナムに集中している」

 トッテナムは4日、プレミアリーグ第27節でマンチェスター・Uとホームで対戦したが、3-1で敗北し、前節のアーセナル戦に続き黒星となった。

 イングランド代表監督に就任するのではないかといわれているトッテナムのハリー・レドナップ監督は、自身の去就に関する報道がチームの状態に影響しているのではないかとの声を一蹴した。『スカイスポーツ』が伝えている。

「私の焦点はトッテナムだけにあるんだ。影響はなかったはずだ。選手たちはイングランドで最高の2チームのうちの1つに立ち向かった」

 また、この試合について「我々はボールを支配していたし、大部分でユナイテッドより良かったと思う」とコメントしている。

 なお、この敗戦により、3位トッテナムと4位アーセナルとの差は4に縮まっている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
35pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る