2012.03.05

ボルシアMGが黒星で首位ドルトムントが独走態勢…大津は出場せず

 ブンデスリーガ第24節が4日に行われ、U-23日本代表MF大津祐樹が所属するボルシアMGは、アウェーでニュルンベルクと対戦した。

 3日に行われた試合で、2位のバイエルンが敗れたため、勝利すれば2位に浮上するボルシアMGだったが、なかなかニュルンベルクゴールを割ることができない。すると、スコアレスで迎えた87分に、ニュルンベルクのアルベール・ブンヤークに決勝ゴールを許し、0-1で敗れた。

 この結果、ボルシアMGは2位のバイエルンとの勝ち点差1で3位に留まるとともに、首位のドルトムントとの勝ち点差は8に広がった。なお、大津は3試合連続でベンチ入りしたが、出場機会はなかった。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
44pt
リヴァプール
42pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
レアル・マドリード
29pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る