2012.03.04

サウサンプトン監督「決勝点は李のヘッドとランバートの質から生まれた」

 イングランド・チャンピオンシップ(2部)第34節が3日に行われ、日本代表FW李忠成が所属するサウサンプトンはアウェーでリーズと対戦した。

 先発した李は、16分にリッキー・ランバートの決勝点を移籍後初アシストで演出。1-0の勝利に貢献した。試合後にサウサンプトンのナイジェル・アドキンス監督が決勝点の場面を振り返った。クラブの公式HPが伝えている。

 アドキンス監督は、「誰が見ても興奮したと思うよ。リッキー・ランバートのファンタスティックなゴールは、李からの素晴らしいヘディングとランバートの質の高さから生まれたね」と語り、決勝点のシーンを称えた。

 なお、勝利したサウサンプトンは、暫定首位をキープ。李は前半終了で途中交代となっている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る