2012.03.04

決勝点を決めたドルトムント香川「必ずチャンスは来ると思っていた」

 ブンデスリーガ第24節が3日に行われ、ドルトムントはマインツに2-1で勝利した。決勝点を決めたドルトムントの日本代表MF香川真司は試合後、以下のように語っている。

-チームの全体的にみんな疲れていたのでは?
「ミスだったり、動きの質も量もいつもより迫力を欠いていたのは確かだったので。ただその中でも攻められたことはよかったですけど、雰囲気的にぬるさはあったかなと思う。それが同点につなげられたシーンもそうなんですうけどね。そういう意味ではタフな試合でしたし、そこで勝ちきれたことは本当に大きかった」

-得点を決められそうな感覚はあったか?
「チャンスはあるなって感じていた。自分のトラップミスともあったけど、信じてやっていました。結果っていうものが求められるから、決勝点に繋がったっていうのは一安心ですね」

-先制点の場面はイメージと違った?
「トラップもイメージ通り。左で打とうと思ったんですけど、ディフェンスにすぐ寄せられた。しょうがない。その後、決めてくれてよかった」

-同点に追い付かれた際に焦りはあったか?
「それはなかった。必ずチャンスは来ると思っていた。それを決めるか、決められないかだと思っていた。そういう意味では余裕はあった」

-ゴールを決めた際のイメージは?
「イメージどおりって言ったら変ですけど、普通に合わせただけなんで。ちょっと上にいっちゃったけど大丈夫かなっていうのはあった。うまく入ってくれて良かったです」

[写真]=千葉格

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る