2012.03.03

今季初めてメッシ抜きで戦うバルサ、引き分け視野のヒホンを崩せるか

 バルセロナは前節、最も苦手としているカードの1つであるアトレティコ・マドリードとのアウェー戦に2-1で競り勝ち、首位レアル・マドリードとの10ポイント差をキープし、首の皮一枚で優勝戦線に踏みとどまった。

 だが、同試合でも決勝ゴールを決めるなど、ここまでチーム総得点の約4割を挙げているFWリオネル・メッシが、キャリア初の累積警告により今回は欠場となる。大黒柱を欠いての一戦は、リーガ・エスパニョーラでは今シーズン初めてとなるだけに、その影響がこの試合の最大の見所となることは間違いない。

 とはいえ、メッシの不在以外にもチームには不安要素が多い。MFセルヒオ・ブスケも同様に出場停止となるうえ、ミッドウィークに行われた代表戦後に股関節に違和感を訴えたDFエリック・アビダルも欠場が確定し、右足のすねを痛めたMFチアゴ・アルカンタラも出場は微妙な状態にある。それ以外でも、FWアレクシス・サンチェスは合流が試合前日になるなど、ほとんどの選手が代表戦に招集されたチームのコンディションは決して万全とは言えない。4日後のチャンピオンズリーグのレヴァークーゼン戦も見据えての戦いとなるため、メンバーのやり繰りは非常に難しい。ジョゼップ・グアルディオラ監督のこれまでの傾向からすると、Bチームの若手が起用される可能性も十分にあるだろう。

 一方、グアルディオラ監督はアトレティコ・マドリード戦後、「我々が優勝するとは思えない」と白旗宣言ともとれるコメントを残している。とはいえ、遡ること20年前の1991-1992シーズン、当時の指揮官であるヨハン・クライフ監督が同様の発言をした際には、その後チームは快進撃を続け最終節での逆転優勝を飾り、チャンピオンズカップ(現チャンピオンズリーグ)との2冠を達成した。これを選手として経験しているグアルディオラ監督が、師と仰ぐ指揮官 が起こした奇跡の再現を狙って意図的に発言を仕掛けたとの見方もある。

 何はともあれ、4連覇を達成するためには、勝利を続けていく以外に方法はない。後がない状況だからこそ、王者の底力を見せてもらいたいところだ。

 これに対し、開幕から降格圏内が定位置となっているスポルティング・ヒホンは、現在19位と浮上のきっかけをつかめずにいる。ハビエル・クレメンテ新監督を迎えてからは、ホームのアトレティコ・マドリード戦、アウェーのラシン・サンタンデール戦で共に1-1のドローと、結果だけ見ればそれほど悪くはない。だが、残留圏内の17位との差は4ポイントから6ポイントに広がり、状況は一段と厳しくなっている。

 この試合に向けては、代表戦に招集されたのはウルグアイ代表のMFセバスティアン・エグレンと、U-23スペイン代表のDFアルベルト・ボティーアのみと、コンディション面ではバルセロナをはるかにしのぐ。とはいえ、そのボティーアは右足に違和感を抱えて戻ってきたため、出場は回復次第となっている。また、それとは別にDFグレゴリー・アルノランも練習中に左ひざを痛めてしまい、センターバックのレギュラー2人が起用できない可能性がある。また、サラゴ サ時代の2009-2010シーズンには、バルセロナ相手に1試合2ゴールを叩き出した実績があるFWアドリアン・コルンガが、右足太ももの肉離れにより 離脱となったのは何よりも痛い。

 現在の順位を考えると是が非でも白星が欲しいところだが、MFアンドレ・カストロが「1ポイントでも価値がある」と明言している通り、格上相手のアウェー戦となる今回は引き分けも視野に入れての戦いとなる。一方、「バルセロナのフットボールは退屈だ」と一刀両断するクレメンテ監督は、この試合に向けて非公開練習を続けているだけに、秘策も含めた思い切った作戦に期待したい。

[写真]=ムツ カワモリ

【予想スタメン】
・バルセロナ[4-3-3]
GK:1.ビクトル・バルデス
DF:2.ダニエウ・アウヴェス、3.ジェラール・ピケ、5.カルラス・プジョル、21.アドリアーノ
MF:15.セイドゥ・ケイタ、6.シャビ・エルナンデス(14.ハビエル・マスチェラーノ)、8.アンドレス・イニエスタ
FW:23.イサーク・クエンカ(9.アレクシス・サンチェス)、4.セスク・ファブレガス、17.ペドロ・ロドリゲス

・スポルティング・ヒホン[4-2-3-1]
GK:1.フアン・パブロ
DF:26.ペドロ・オルフィラ(11.アルベルト・ローラ)、2.アルベルト・ボティーア(33.アレハンドロ・ガルベス)、12.グレゴリー・アルノラン(14.イバン・エルナンデス)、15.ロベルト・カネージャ
MF:3.アンドレ・カストロ(5.アルベルト・リベラ)、8.セバスティアン・エグレン、6.カルメロ・ゴンザレス、20.ミゲル・デ・ラス・クエバス、24.オスカル・トレホ(19.ガストン・サンゴイ)
FW:23.ダビド・バラル

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る