2012.03.03

65歳を迎えたレドナップ「気持ちはまだ老いていない」

 2日に65回目の誕生日を迎えたトッテナムのハリー・レドナップ監督。しかし、試合への情熱がなくなることはないようで、今を楽しんでいると語っている。『スカイスポーツ』が報じた。
 
 レドナップにとって、今シーズンは自身の監督人生の中でもベストに近い成績を収めている。現時点で、トッテナムは4位以内でのフィニッシュが濃厚となっているのが良い証拠だ。
 
 しかし、ここまでレドナップに楽な道が用意されていたわけでは決してない。昨年11月には心臓手術を受けており、最近では裁判沙汰にまで発展していた脱税疑惑で無罪を勝ち取るなど、今シーズンいくつもの苦難を老将は乗り越えてきた。
 
 そんなレドナップは、今後も監督業をやめるつもりは全くないようだ。彼はマンチェスター・ユナイテッドを率いるアレックス・ファーガソン監督のように、70歳になっても指揮を執りたいと語っている。
 
「監督を引退することは考えていない。みんなそれぞれ事情が異なるね。ファーガソンは70歳だが、とてもそうには見えない」
 
「私は65歳に見えるかもしれないね。だが、気持ちはまだまだ老いてはいないよ。もし監督業をやめたら、できた時間で他に何をすればいいのか分からない。本当に趣味がないんだ。強いて言うならゴルフくらいだから、何度もゴルフをすることになるかもしれないね」
 
「現場から退きたくない。この仕事を経て、色んなファンタスティックな場所に行くことができた。もはやフットボールは体の一部だよ」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る