2012.03.03

ランパードとの確執を否定するV・ボアス「何の問題もない」

 先月25日に行われたボルトン戦で、3-0と久々の勝利を収めたチェルシー。しかし、試合後3点目を決めたフランク・ランパードが、アンドレ・ビラス・ボアス指揮官との関係について「理想的ではない」と発言したことが波紋を呼んでいる。
 
 このことを受け、ビラス・ボアス監督は長年クラブを支えてきた33歳のベテランMFとの関係について「問題はない」とコメントを残した。イギリス『BBC』が報じている。
 
「(ランパードとの関係について)彼自身の解釈がある。しかし、私はランパードとの関係について何の問題も抱えていないし、彼にそのことも伝えてある」
 
「私は常にチームの利益となる選択肢を選んでいるよ。毎試合ベストのメンバーを選ばなければならないし、そうしているつもりだ」
 
 今シーズン、チェルシーの副将はベンチに座ることも少なくない。そのため、同選手は不満を抱えていると伝えられていた。ボルトン戦ではリーグ通算150点目を決める活躍を披露したが、その前の2試合ではいずれもベンチスタートとなっている。
 
「確かに何度かランパードは私の選ぶメンバーから落選している。しかし、だからといって彼と問題を抱えたりはしない」
 
 スタンフォードブリッジで迎えた前節のボルトン戦で、チェルシーファンが試合を通してランパードの名前をチャントしていたことについても、青年指揮官は触れている。
 
「ランパードはチェルシーのレジェンドだ。サポーターが試合中、彼の名を歌ったことが、まさにそのことを証明している」
 
 最後にビラス・ボアスは、レアル・マドリードを率いているジョゼ・モウリーニョ監督についても言及した。モウリーニョは最近ロンドンで自宅を探す姿が写真に撮られており、チェルシー帰還説が加速している。
 
「ジョゼの影が潜んでいないのはバルセロナくらいさ。世界で最高の監督を志すなら、誰しもが彼になりたいと思うだろう」

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
25pt
マンチェスター・C
19pt
レスター
17pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
16pt
ヴォルフスブルク
16pt
バイエルン
15pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
19pt
レアル・マドリード
18pt
グラナダ
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
22pt
インテル
21pt
アタランタ
17pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング