2012.03.02

FIFA、10点差がついたバーレーン対インドネシア戦を八百長の疑いで調査へ

 FIFA(国際サッカー連盟)は1日、2月29日に開催されたワールドカップ・アジア3次予選グループEで、バーレーンがホームでインドネシアを10-0で下した試合を調査する意向を示した。

 勝ち点差3で2位カタールを追っていた3位バーレーンは、インドネシア戦で8点差以上での勝利を挙げることが、3次予選突破の最低条件となっていた。その上、カタールがイラン戦に敗れることが条件とされ、以上の条件を満たせば、バーレーンがカタールに勝ち点と得失点差で並び、総得点の差で突破が可能だった。

 結局、カタールがイランと引き分けたため、バーレーンの最終予選進出の可能性は消滅したが、バーレーン対インドネシアの一戦では、インドネシアGKが開始2分で退場。その後10ゴールを重ねた展開に八百長の可能性が浮上している。

 なお、昨年9月6日にインドネシアのホームで行われた試合では、バーレーンが2-0で勝利していた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る