2012.03.01

シルバ、レアルが獲得を断念した理由に困惑「プロ意識を持っている」

 マンチェスター・Cに所属するスペイン代表MFダビド・シルバは、「レアル・マドリードはシルバのライフスタイルを考慮し獲得を見送った」という報道に困惑している。『スカイスポーツ』が報じた。
 
 レアル・マドリードは2010年の夏、当時バレンシアに所属していたダビド・シルバの獲得に高い関心を寄せていたとされている。しかし、最終的にシルバは現在のマンチェスター・Cへ移籍した。最近、スペインメディアによって表面化した話では、マドリードはシルバの生活面での問題を疑問視し、獲得を見送ったという。
 
 シルバ本人は、この話に当惑していることを認めたうえで、イングランドへ渡ったことを後悔していないと語った。
 
「もし本当にレアル・マドリードが僕を獲得したくなかったのだとしても、なんで今さらそんな噂が出てくるのか分からない。レアルが獲得を断念した理由も含めてね。僕は正しい分別があるし、常にプロ意識を持って生活しているよ」
 
「一連の噂は僕を怒らせはしないが、とても当惑させるものだ。でも僕は落ち着いているし、何よりシティへの移籍を決断したことにとても幸せを感じている。シティは他の誰より僕を信頼してくれているからね」
 
 また、シルバは当面スペインに帰るつもりはないとも語っている。
 
「バレンシアでは幸せだったけど、出ていかなければならない事情があった。でも今すぐに母国に帰りたいとは思わない。最大限ここでサッカーを楽しみたいんだ。まだ楽しみ足りないよ」

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る