2012.02.29

ファーガソン監督がマンCとの優勝争いに言及「理想は同勝ち点での直接対決」

 マンチェスター・Uのアレックス・ファーガソン監督は、3月4日に行われるプレミアリーグ第27節のトッテナムとのアウェー戦が今後の優勝争いに向けて、重要な一戦になると語った。クラブの公式HPが伝えている。

 ファーガソン監督は、「トッテナム戦は非常に重要な試合になるね。もしこの難局を乗り越えられたら、我々が優勝する可能性も高まるだろう」とコメントし、3位トッテナムとの対戦を見据えた。

 また首位のマンチェスター・Cを勝ち点2差で追っている状況には、「(勝ち点2差で直接対決を迎える可能性は)確かにあると思う。理想を言えば同勝ち点で迎えたいが、順位を引っくり返せる位置にいるなら許容できるよ」と、直接対決での順位逆転の狙いを語った。

 さらに、「ウェイン・ルーニーがチームに来てから8年近くが経過したが、この間に何度か優勝を経験した。優勝するために何が必要かを彼はわかっている。チームに加わったばかりの頃は未経験だったが、今は優勝のために求められることをわかっている」と、チームに優勝経験者が多く在籍していることを挙げ、 チームの利点を話した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
87pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
71pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
シャルケ
55pt
ドルトムント
54pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
81pt
ローマ
67pt
欧州順位をもっと見る