2012.02.29

オランダ戦に臨むイングランド暫定監督「欧州トップとの力試し」

 イングランドは、29日に行われる国際親善試合でホームにオランダを迎える。辞任したファビオ・カペッロ前監督の後を受けたスチュアート・ピアース暫定監督が、試合を前に意気込みを述べた。『UEFA.com』が伝えている。

 イングランド代表が最後にオランダ代表に勝利したのは、1996年に行われたユーロ96まで遡るが、同監督は「当時のチームから学ぶことはあまりないだろう。今回対戦するオランダのような強豪から学ぶべきだね。自信を持って挑み、手ごたえと好結果をつかむ必要がある。これはヨーロッパトップレベルのチームとの力試しなんだ」とコメントした。

 ピアース監督は、U-21イングランド代表も率いていることからも、「若手にも良いパフォーマンスを見せる力があると確信しているよ。昨年のU-21欧州選手権では、多くの選手が輝いていた。これは非常に心強いことだね。しかし、一方で、我々全員が、若手の成長を辛抱強く見守っていく必要もあるんだ」と 語り、若手の底上げを願った。

 また、イングランドサッカー協会は、人種差別的発言をした疑いがかかるDFジョン・テリーからキャプテンマークをはく奪。現在は不在の状態だが、新キャプテンは29日に選手が集合した際に発表されるようだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る