2012.02.28

ヴェンゲル、トッテナム戦の大逆転に満足「パーフェクトだった」

 26日に行われたプレミアリーグ第26節でアーセナルはホームのエミレーツ・スタジアムでトッテナムと対戦。“ノース・ロンドン・ダービー”を戦い、5-2で大勝した。

 アーセナルのアルセーヌ・ヴェンゲル監督は0-2の状況から逆転したチームの精神力を称賛した。公式HPが伝えている。

「みんなの予想以上にアーセナルは躍動していたよ。スピリットの面でも、テクニックの面でもね。スタートは非常に悪いものだったが、今日は完璧なパフォーマンスを見せることができた。最初の5分間、トッテナムは良いスタートを切っていた。だが、後の85分間は我々の時間だったね」

「0-2でリードを許してしまったが、我々は負けることを拒んだ。前進し続けていたよ。2-2となった後、我々がペースを保てれば、この試合に勝利することは明確だった。攻守に良いバランスを見せていたし、創造性もあった」

 この勝利で、3位トッテナムとの勝ち点差を7としたアーセナルは4位の座をキープ。チャンピオンズリーグ出場権獲得へ向け、大きな勝利となった。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
フィオレンティーナ
10pt
サッスオーロ
10pt
欧州順位をもっと見る