2012.02.27

ヒールキックで決勝点を挙げたC・ロナウド「勝利の価値は倍になる」

 リーガ・エスパニョーラ第25節が26日に行われ、レアル・マドリードはアウェーでラージョ・バジェカーノと対戦。1-0で勝利を収めた。

 54分にCKの混戦からヒールキックによるシュートで決勝点を挙げたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、得点について次のように語った。クラブの公式HPが伝えている。

 C・ロナウドは、「ゴールの場面は無我夢中でヒールキックをしたんだ。だからこそ、ディフェンダーやキーパーを驚かせることになったね。キックしたボールは勢いがあり、誰もコースを変えることができなかった。このゴールで勝利をつかんだんだから、僕らにとって価値は倍になるね」と決勝ゴールを解説。

 また、苦戦を強いられたことには、「ラージョにはかなり苦しめられた。相手には引き分けるチャンスもあったが、僕らはリードを守りきる方法をわかっていたんだ」とコメントし、無得点で迎えたハーフタイムには、ジョゼ・モウリーニョ監督から檄を飛ばされたことも明かしている。

「試合は非常に厄介なものになった。特に前半は両チームとも試合をコントロールできていなかったね。ハーフタイムには、監督からもっと集中して臨むように指示されたよ。今回のプレーは非常に誇りに思っている。この勝ち点3は、リーグ制覇のためにかなり大事になるだろうからね」

 レアル・マドリードはラージョ戦での勝利により、2位のバルセロナとの勝ち点差10を維持。優勝に向け、独走態勢を築いているが、「僕らが自分たちの仕事をできている間は、他のチームを気にする必要はないね」と、リーグ戦9連勝にも気を引き締めていた。

 なお、C・ロナウドはラージョ戦のゴールで、リーグ戦29得点目となり、得点ランクトップを維持している。

[写真]=ムツ カワモリ

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る