2012.02.27

復帰の香川が代表合流を明言「ここで結果を残すのがトップ選手」

 ブンデスリーガ第23節が26日に行われ、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントはホームでハノーファーと対戦し、3-1で勝利を収めた。

 左足首の負傷から2試合ぶりの復帰を果たし、87分までプレーした香川は、29日に行われる2014年ブラジル・ワールドカップ出場権を懸けたアジア最終予選に臨む日本代表に参加することを明らかにしている。

「(けがの状態は?)特に問題ないです。腫れもなかったですし。日本に帰ることになりました。(短い期間に飛行機の移動が2回あって大変?)まあかなりハードで。そして次の日に試合ですから。どうなるかわからないですね。最大限にできることをやって、集中して試合に入らないと、代表でもけがする可能性も十分にあるので。自分ができる最大限の切り替えをして、最大限の体の手入れをしてやって行く必要がある。でも、それは避けては通れない。それができて、ここで結果を残してこそ、やっぱりトップの選手なんで。それは経験していく上で大事だと思う。まあ、頑張っていきたいと思います」

「(クラブ側の抵抗は?)もちろんありますよ。こういう状態ですから。ただ代表から招集レターが届いたので。そこはクラブがしょうがないということで、認めてくれました」

「(6月に入るともう最終予選がありますが?)久しぶりなんでね。楽しみな部分もあります。代表としての良さもあるし、楽しさもあるんで。ホームでできるので、ウズベキスタンも強いですけど、ポゼッションは僕らが取れると思う。その中で結果、得点につながる形を追求したい。最終予選はそういう試合が続くと思うので、そういう相手に対してしっかり戦っていけるようにしたい。ウズベキスタンは最終予選に出てくるぐらいのチームですから、そのシュミレーションとして、どこまでチームとしてできるかっていうのを最後に確認したいです」

[写真]=千葉格

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る