2012.02.26

誤審に苦言のユーヴェ監督「サッカーと関係ないことが起こりすぎた」

 セリエA第25節が25日に行われ、ミランとユヴェントスが対戦。ホームのミランが先制するが、後半にユヴェントスが同点に追いつき、1-1の引き分けに終わった。

 試合後にユヴェントスのアントニオ・コンテ監督が、引き分けを振り返り、コメントした。クラブの公式HPが伝えている。

 コンテ監督は、「ミラン相手によくやったよ。彼らは60分間、非常に高いレベルでプレーした。彼らの決意や運動量には困難を強いられたね」と首位を走るミラン相手に苦戦したことを認めた。しかし、「長時間彼らはテンポを維持することが難しく、我々は上手くプレーし、引き分けに戻す運も持っていた。大きなハートを持った選手達におめでとうと言うよ」と同点に追いつく粘りを見せた選手達を誇った。

 また、首位決戦にも関わらず、誤審などがクローズアップされてしまったことについても言及。「スポーツの雰囲気としては、良くなかったね。これを言うことは残念だけど、事実なんだ。サッカーとは関係ないことが起こりすぎた。ゴールラインを超えたかどうかという技術的なミスもあり、正しいポジションを取っていた(アレッサンドロ)マトリがオフサイドと判定されたこともあった」と、残念がった。

 ユヴェントスは、引き分けたことで、首位のミランとの勝ち点差は1のまま。ミランとは消化試合が1試合少ない中、2位を維持している。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る