2012.02.26

首位決戦でドローのミラン監督「選手達は全員称賛に値する」

 セリエA第25節が25日に行われ、ミランとユヴェントスが対戦。ホームのミランが先制するが、後半にユヴェントスが同点に追いつき、1-1の引き分けに終わった。

 試合後にミランのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が、引き分けを振り返り、コメントした。クラブの公式HPが伝えている。

「選手達は全員称賛に値するよ。彼らは60分間素晴らしいプレーをし、その後に少し落ちたね。同点ゴールは避けられたかもしれないが、(認められなかった)ムンタリのゴールで2点目を得ていたはずだった。何も言わずに、我々は口を閉じたほうがいいね。何か言ったことで、罰せられるかもしれないからね」

「2点のリードがあれば、最高のプレーをしていた時間だったし、試合は我々に有利な方向に振れていたと思うよ」

「冷静になって落ち着くようにするよ。我々にはまだ、リーグ制覇に向けて大きなチャンスを持っているんだ」

 ミランは現在リーグ戦で、消化が1試合少ないユヴェントスを勝ち点1差で抑え、暫定首位に立っている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る