2012.02.26

けが人続出のレアル…モウリーニョはラージョを警戒

  レアル・マドリードを率いるジョゼ・モウリーニョはラージョ・バジェガーノとの一戦を警戒している。けが人が続出している現状を受け、今回のダービーは試練となると考えているようだ。『ESPN』が報じた。
 
 現在レアルでは、カリム・ベンゼマ、ラサナ・ディアラ、アンヘル・ディ・マリア、ヌリ・サヒン、そしてハミト・アルティントップが負傷により離脱している。そのため、ラージョ戦では、リザーブから若手を連れてくる緊急事態となった。
 
 モウリーニョは、アウェーでのラージョ戦がリーグ優勝に向け脅威となると考えているようだ。
 
「私は、ラージョはタフな相手だと思っている。実際難しい試合になるだろう。彼ら攻撃に関して哲学を持っているが、ホームでは少し異なるね」
 
「ラージョには恐れがない。誰もが、そして私自身も、昨シーズン多くの難局を乗り越えてきた彼らのサッカーを本当に好んでいた。ホセ・ラモン・サンドバル監督は素晴らしい仕事を行っている」
 
「しかし、言い訳はできない。我々は自分達のプレーの哲学を失ってはならない」
 
「ピッチは狭いが、当然規定範囲内のものだ。私が気にかけているのは、ピッチでも相手チームでもない。私のチームについてだよ」
 
[写真]=ムツ カワモリ

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る