2012.02.26

アンチェロッティがチェルシーの問題を指摘「変化が早すぎた」

 前チェルシー監督で、現在はパリSGを率いているカルロ・アンチェロッティが、今シーズンのチェルシーの問題点を指摘している。イタリア人指揮官は、現チェルシー監督アンドレ・ビラス・ボアスが、ベテラン選手を使わずに高いクオリティをクラブに与えられるとは考えていない。『スカイスポーツ』が報じた。
 
 アンチェロッティは昨シーズンチェルシーを率いたが、無冠に終わった責任をとる形で解任されていた。そして、今シーズンからビラス・ボアスが、チェルシーを指揮している。
 
 しかし、青年指揮官は苦戦中だ。すでにクラブはリーグの優勝争いから離脱。チャンピオンズリーグでも、ナポリとの決勝トーナメント一回戦ファーストレグで1-3と完敗し、セカンドレグで非常に難易度の高いミッションが課せられている。
 
 ビラス・ボアスのメンバー選抜と戦術は批判の対象となっている。また、チームのベテラン選手の中にはビラス・ボアスに不満を募らせている選手が少なくないという。
 
 フランク・ランパードはもはやスターティング・メンバーの座が確保されていない。ディディエ・ドログバも今シーズンで契約が切れる。アシュリー・コールは、ナポリ戦でベンチスタートだったことから指揮官に対し不満をもっているようだ。
 
 アンチェロッティは、ビラス・ボアスのチームを変えようとするスピードが早すぎたと指摘。控えの選手で、ベテラン選手に匹敵する選手はまだいないと語った。
 
「問題は、ディディエ・ドログバやフランク・ランパードといったベテラン選手たちを入れ替えようと試みていることだ。彼らに代わる選手をチェルシーは持ち合わせていない。若手選手もまだクオリティは足りないね」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
13pt
ブレーメン
11pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る