2012.02.26

不振が続くインテル、モラッティは指揮官を擁護「ラニエリとともに進む」

 インテルの会長であるマッシモ・モラッティは、風当たりが強まっている指揮官クラウディオ・ラニエリについて、解任することはないと主張した。『スカイスポーツ』が報じている。
 
 現在インテルはリーグ戦で5試合勝利から遠ざかっており、順位も7位に低迷。22日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント一回戦ファーストレグのマルセイユ戦でも0-1で敗北を喫している。そのためラニエリに対し、プレッシャーが強まっていた。
 
 ラニエリの立場について聞かれたモラッティは、クラブの公式HPで「我々はラニエリとともに行く。彼と前に進み続ける」と発言。指揮官を擁護していた。
 
 一方ラニエリ自身は、26日に行われるナポリとの一戦で、チームの低迷に終止符を打つ自信があるようだ。
 
「この難局を切り抜けるために、我々は今よりももっと割り切って、前を向き、ポジティブにならなければならない。しかし我々ならできるだろう」

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る