2012.02.26

ユヴェントス対ミランの首位攻防戦はドロー決着…判定に波紋も

 25日に行われたセリエA第25節、2位ユヴェントス対首位ミランとの注目の一戦は、1-1の引き分けという結果に終わった。
 
 試合は前半15分に動いた。ミランのアントニオ・ノチェリーノの放ったミドルシュートが、相手DFレオナルド・ボヌッチに当たる。軌道の変わったボールは、そのままネットに吸い込まれ、ミランが早い時間帯に先制に成功した。
 
 25分にはCKから、最後はサリー・ムンタリがヘディングで押し込み、ボールは明らかにゴールラインを超えたように見えたが、すかさずジャンルイージ・ブッフォンがかきだしたことで、ゴールの判定は下されず。ミランは追加点を決めることができなかった。
 
 その後、試合が再び動いたのは終盤の83分。途中出場のアレッサンドロ・マトリがボレーシュートで同点弾を叩き上げ、ユヴェントスが1-1の振り出しに戻した。
 
 89分には、マルク・ファン・ボメルへタックルを行ったアルトゥーロ・ビダルが退場。ミランが数的優位に立ったが、すでに時間はほとんどなく、結局1-1のまま試合は終了した。
 
 この結果、ミランはユヴェントスとの1ポイント差を維持。首位を堅持している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
フィオレンティーナ
10pt
サッスオーロ
10pt
欧州順位をもっと見る