2012.02.25

セスク、バルサへの勧誘を否定「V・ペルシーの最大限の幸福を願う」

 アーセナルからバルセロナに移籍したスペイン代表MFセスク・ファブレガスは、古巣でキャプテンを務めるオランダ代表FWロビン・ファン・ペルシーについてコメントした。昨シーズンまでアーセナルでキャプテンマークを巻いた男は、ファン・ペルシーをバルセロナに誘おうつもりはないと明かした。『スカイスポーツ』が報じている。
 
 ファン・ペルシーとアーセナルとの契約は、今夏までとなっている。いまだ契約の延長がなされていないため、オランダ代表FWには早くも様々な移籍の噂が上がっていた。
 
 セスクは、ファン・ペルシーと会話したことは認めつつも、同選手の将来に影響を及ぼすような話をしたかという問いに関してはきっぱり否定。『El Mundo Deportivo』の取材に対し、以下のように語った。
 
「ファン・ペルシーとは連絡をとった。でも彼とバルサについて話をしたわけじゃない」
 
「ファン・ペルシーは今アーセナルの選手であり、何が自分にとってベストとなるかは彼自身がよく知っている。僕にできるのは、彼がこれからどんな選択をしても、彼のために最大限の幸運を願うことだけさ」
 
 またセスクは自身のバルセロナ移籍に関しても語った。同選手は移籍の際、500万ユーロの減俸を受け入れ、それを移籍金に積み立てることでバルセロナへの移籍を実現させたと伝えられている。セスクは、どんな犠牲も有効なものだったと語った。
 
「ここに来るために僕が行った全てのことと、バルセロナというクラブ、監督、会長そしてチームメイトから受けた助けはどれも、僕にとって努力する価値があるものだよ」

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る