2012.02.23

ポルト指揮官は結果に不満「試合を支配していたのは我々だ」

 22日にヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグが行われ、マンチェスター・Cの0-4で大敗したポルト。昨シーズン王者は2戦合計1-6で大会から姿を消すこととなった。

 ポルトはこの試合、開始19秒でセルヒオ・アグエロに先制点を許し、最後の14分間に3失点を喫してしまっている。ポルトのヴィトール・ペレイラ監督はこの結果に納得がいってないようだ。『スカイスポーツ』が報じている。

「マンチェスター・シティが2点目をとるまで、ポルトは最高のチームだったよ。試合を支配していたし、我々はより良いプレーをしていたと思う。彼らはカウンター攻撃をうまく狙っていたんだよ」

「もし、誰かが試合を支配していたのはシティだというのであれば、それは間違っているし、試合を見ていないのだろう。この最終結果はピッチで何が起こっていたのかを示すことにはならないよ」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
13pt
ブレーメン
11pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る