2012.02.23

途中出場の長友、周囲と呼吸合わず…伊紙「誰よりも速さを見せたが……」

 日本代表DF長友佑都の所属するインテルは、22日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグでマルセイユと対戦。後半ロスタイムに失点を喫し、敵地で0-1と敗戦を喫した。

 長友は、負傷したブラジル代表DFマイコンと交代し、後半開始から途中出場。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』では、マルセイユ戦での長友のプレーを「5.5」と採点した。

 決勝点を挙げたマルセイユのガーナ代表FWアンドレ・アイェウと対面したプレーについては、「アンドレ・アイェウをマークし、しばらくはしっかりと押さえ込んだ。しかし、最後にはナガトモも封じ込むことができず、アイェウを自由にしてしまった」と評価。攻撃に関しては、「誰よりも速さを見せたが周囲と呼吸が合わず、あまりに何度も目的を持たずにスタートしていた」としており、連係面で問題があったと評している。

 なお、敗れたインテルは、3月13日にホームで行われるセカンドレグで、2点差以上の勝利を収めれば、準々決勝に進出する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る