FOLLOW US

土壇場で敗戦のインテルに不運が続く…マイコンがマルセイユ戦で負傷

 日本代表DF長友佑都が所属するインテルのクラウディオ・ラニエリ監督が、22日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグのマルセイユ戦後に、ブラジル代表DFマイコンが負傷離脱する可能性を明かした。『UEFA.com』が伝えている。

 マイコンはマルセイユ戦で右サイドバックとして先発出場。しかし、前半のみの出場となり、後半開始からは長友と交代していた。

 ラニエリ監督は試合後、交代について「マイコンは右ひざを痛めたので、ハーフタイムでベンチに下げた。詳細については、精密検査を待たねばならないね」とコメント。23日に検査を行うことを明かした。

 インテルは、マルセイユ戦で後半ロスタイムに失点し、0-1で敗戦。準々決勝進出に向け、暗雲が垂れ込める中で、主力選手の離脱の可能性という不運が重なった。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA