2012.02.23

インテル撃破のデシャン監督「我々のサッカーを貫くことに賭けた」

 チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグが22日に行われ、マルセイユは日本代表DF長友佑都の所属するインテルとホームで対戦。後半ロスタイムにガーナ代表FWアンドレ・アイェウが得点し、1-0で競り勝った。

 マルセイユのディディエ・デシャン監督は、試合を振り返り、勝因を語った。『UEFA.com』が伝えている。

「勝利には心から満足しているよ。いつも終了間際にゴールを奪うのはイタリアのチームだが、我々は非常に手強いチームに対して素晴らしいゲームをしたよ。ラスト15分はとにかく攻め続けて、デデ(アンドレ・アイェウ)のゴールで勝利をつかんだね」

「これからの3週間に大きな影響を及ぼすゴールだったよ。選手たちに攻め続けるよう指示した私自身も、攻撃力を削ぐような交代をしようとは思わなかった。自分たちのサッカーを貫くことに賭けたんだ。前掛かりになることはリスクがあり、最後に代償を払わされる可能性もある。しかし終了間際に得点したことで、相手に反撃する時間を与えなかった」

「インテルが偉大なチームだということに変わりはないが、勝ち抜くためにアウェーでも積極的に戦う必要があるね」

 セカンドレグは、3月13日にインテルのホームで行われる。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る