2012.02.23

バイエルン撃破を喜ぶバーゼル指揮官「我々は一体となっている」

 バーゼルは22日、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグでバイエルンをホームに迎えた。膠着状態の続く試合だったが、86分にバレンティン・シュトッカーが値千金の決勝点を挙げ、1-0でホームのバーゼルが先勝している。

 バーゼルのハイコ・フォーゲル監督は、バイエルン相手の勝利に満足感を示した。『UEFA.com』が伝えている。

「守備について言うことはなかった。ただ攻撃面では不満はあったね。十分な力が出せていないと感じたよ。ハーフタイムに、もっとポゼッションを高める必要があると選手たちに伝えたんだ。後半はうまくいった。選手交代でも、私には少しの運があったね。これでセカンドレグを前に良い結果を得ることができた。私のチームには驚くべき意志、客観的な自己分析力、そして確固たる自信がある」

 また、セカンドレグについては「今日のチームは完璧にまとまっていた。毎日、我々は仕事を楽しんでおり、どこかでその成果が表れるはずだ。この勝利と2試合合計での結果が別物だということは理解している。だが、我々にはアウェーゴールを奪う力がある。ミュンヘンで得点できれば、バイエルンは非常に難しい状況になるだろう」とコメントしている。

 なお、セカンドレグは3月13日に行われる予定となっている。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
34pt
レスター
26pt
チェルシー
26pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
25pt
ライプツィヒ
21pt
バイエルン
21pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
レアル・マドリード
25pt
アトレティコ・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
32pt
インテル
31pt
ラツィオ
24pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング