2012.02.21

サウサンプトン監督が李を絶賛「本物の才能を持ったフットボーラー」

 日本代表FW李忠成の所属するサウサンプトンは、18日に行われたイングランド・チャンピオンシップ(2部)でホームにダービーを向かえ、4-0で快勝を収めた。後半開始から途中出場した李は、3-0で迎えた75分に左足を豪快に振り抜き、移籍後初ゴールを挙げている。

 サウサンプトンのナイジェル・アドキンス監督は、1月に完全移籍で加入した李の印象をクラブの公式HPで語った。

 アドキンス監督は、「李は多くの期待を背負っていると思うが、彼は加入初日からとても上手く振る舞っているよ」とコメント。続けて、「彼は本当に素晴らしい人間で、ハードワークをこなし、礼儀正しく、誰にでも敬意を払う。しかも、本物の才能を持ったフットボーラーでもあるね」と語り、李が上手くチームに溶け込んでいることを明かした。

 サウサンプトンはリーグ戦32試合を消化し、勝ち点59で暫定首位。消化試合が2試合少ない2位のウェストハムには勝ち点2差、1試合少ない3位のレディングには勝ち点5差をつけている。

[写真]=Getty Images

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る