2012.02.20

バイエルンが宇佐美の苦境を説明「同ポジションには欧州最高の選手」

 バイエルンのカールハインツ・ルンメニゲ代表取締役社長は、日本人MF宇佐美貴史が思うように出場機会を得られていない要因について、ドイツ誌『キッカー』に語った。

 ルンメニゲ社長は、「(ユップ)ハインケス監督は宇佐美のことを称賛している。しかし、彼と同じポジションには(トーマス)ミュラーと(アルイェン)ロッベンがいて、彼らはヨーロッパでも最高の選手なんだ。それゆえ、宇佐美には厳しかったね」とコメント。日本屈指の才能と称される宇佐美でも、ヨーロッパのトップクラブで出場機会を得ることは難しかったようだ。

 なお、ドイツ紙『ビルト』では、G大阪からレンタル移籍している宇佐美とバイエルンの契約延長交渉は破談となったと報道。宇佐美は今シーズンのリーグ戦出場が途中出場の1試合にとどまっているが、今シーズン後の獲得にはホッフェンハイムやニュルンベルクなどが興味を示していると伝えた。

[写真]=千葉格

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る